WordPressで最初にやったこと

ロリポップ!でWordPressをインストールすると、すぐにメールでログイン先の情報が送られてきます。その中に記載されているログイン先(WordPressの管理画面)に、インストール中に作成したユーザ名、パスワードでログインすると、すぐにブログ記事の作成ができる状態となります。

そのままの状態でどんどん記事を投稿しても問題ありませんが、私の場合は、以下をやりました。

・子テーマの作成
・デザインの変更
・プラグインの追加

子テーマの作成

2017年6月時点でロリポップ!からWordPressをインストールすると、「Twenty Seventeen」というテーマ(外観)が標準設定となっています。このテーマを編集することでいろいろと外観を変更することができます。

但し、このテーマを直接変更してしまうとテーマがアップデートされたときに変更した内容が元に戻ってしまうという問題があります。それを避けるために「Twenty Seventeen」というテーマの機能を引き継いだ子テーマを作成します。

この子テーマの方に変更を加えることで「Twenty Seventeen」がアップデートされた場合でも問題なくこれまでの変更が利用できます。

子テーマの作り方は、若干複雑ですので「WordPress 子テーマ」等で検索してみてください。

簡単に書きますと、以下のような手順になります。

・FTPツールなどでレンタルサーバのブログ用フォルダへアクセスする

例)
/(インストールフォルダ)/wp-content/themes

・子テーマ用のフォルダを作る

例)
/(インストールフォルダ)/wp-content/themes/twentyseventeen-child

・子テーマ用のフォルダにstyle.css、functions.phpを作る

例)

 

・WordPressの管理画面で子テーマを有効化する

外観 > 子テーマを選択 > 有効化

 

デザインの変更

まずは、最低限の見た目を整えたいと考え、タイトル見出しと強調表示の設定をしました。タイトル見出しは、色々なサンプルがありましたが、シンプルなものが好みなのでこの記事でも使っている青色の見出しにしました。強調表示は、マーカーペンのようなものがわかりやすかったので、黄色のマーカーにしていいます。

私のブログでは、子テーマを作りましたので、子テーマのスタイルシートを変更します。

外観 > テーマの編集

この例では、h2タグとstrongタグを設定していますので、ビジュアルエディタで対応する「見出し2」と「B」を使ったところが、見出しになったり、強調表示されます。

これを適用するとこんなイメージになります。

タイトル見出しのサンプルです。

強調表示のサンプルです。

 

プラグインの追加

WordPressでは、プラグインを追加することで簡単に機能を追加することができます。

プラグイン > 新規作成 

私が追加したプラグインは以下です。
All In One SEO Pack ・・・SEOを強化する
Edit Author Slug ・・・記事の投稿者名を編集する
Crayon Syntax Highlighter ・・・ソースコードを記事上できれいに表示す
Table of Contents Plus ・・・記事の目次を自動生成する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です